おでこの後退に効く食べ物と、悪い食べ物を考察

tsuyoshi-18_TP_V

最近、おでこが広くなってきたような気がしているので、薄毛対策の一環として髪に良い食べ物、悪い食べ物について調べてみました。

まず、髪の毛に良い食べ物について。髪の毛に良い食べ物としてよく言われているのが大豆で、何故良いのかというと大豆イソフラボンというのが女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするために、発毛を促進してくれるのです。大豆を使った食品といえば豆腐や納豆、豆乳等があります。豆乳は無調整のものが一番良さそうですが、ちょっと匂いがキツイです。納豆も好き嫌いがハッキリと分かれるところですね。

そう考えると、豆腐を沢山食べるのが良いかもしれません。お味噌汁に入れたり冷や奴にして食べたり。豆腐は色んなバリエーションがあって、大体美味しく食べられますから、オススメです。頑張って納豆や豆乳を毎日摂取すると、もっと良いと思います。

次に、髪の毛に悪い食べ物について。髪の毛に悪い食べ物としてはやはり肉類や砂糖の多い食べ物、ジャンクフード等でしょうか。特にお肉ばかり食べていると皮脂が過剰に分泌されて髪に良くない頭皮環境が作られてしまいます。また、アルコール等も髪には良くないそうです。適量なら健康に良いという研究結果もあるようですが、飲み過ぎはやはり体に悪いです。飲み過ぎが体にとってストレスになり、ストレスが抜け毛の原因となってしまいます。

また、頭皮に必要な栄養素が不足してしまうようです。髪に良い食事を調べてみると、そのほとんどは髪に限らず体に良さそうなものばかり。髪に悪い食事も、体に悪そうなものばかり。つまるところ、健康的な食生活を送った方が結果的に髪には良さそうだ、というところですね。

食生活には薄毛予防には欠かせませんが、本格的に薄毛がすでに進行している場合は、本格的な治療が必要になります。最近ではAGAクリニックや薄毛外来も増えているので、そういった専門医のもと治療をするのがもっとも安全で確率は高いと思います。プロペシアやミノキシジルなどの医薬品も処方してもらえるので、改善率はかなり高いといえるでしょう。個人輸入でもこういったものは購入可能ですが、副作用なども含めすべて自己責任になるので、その点だけはしっかりと了承したうえで利用するようにしてください。ミノタブ比較

 

コメントを残す