ニキビが気になったら洗顔回数を増やすのは、いいこと、悪いこと?

dollarphotoclub_98485613

ニキビ対策としては洗顔をしっかりして皮脂などの汚れを除去することがあり、多くの人が洗浄力の強い洗顔フォームを使ったり洗顔回数を増やすなどの対策を取っています。洗浄力の強い洗顔フォームを使う場合は強すぎたら逆効果になってしまうので注意が必要なのですが、洗顔回数を増やすこと自体はニキビ対策としていいことなのか悪いことなのか分からないと言う人も多いようです。

洗顔回数に関して言えばこちらも回数を多くすればいいというわけではなく、洗浄力の強い洗顔フォームを使うのと同じように逆効果になってしまうと言われています。と言うのも洗顔フォームを使う使わないに関わらず何度も顔を洗うということはそれだけ肌に摩擦力を与えてしまうということであり、その摩擦の跡は見えないですが確実に肌に刻み込まれてしまいます。

そしてその跡にアクネ菌などのニキビの原因となる細菌や皮脂などの汚れが溜まりやすくなってしまうので、結果としてニキビが出来やすくなってしまうのです。

また洗顔回数を多くして皮脂を取り除きすぎてしまうと肌のバリア機能が低下してしまうと言うデメリットにも繋がってくるので、こちらの場合もニキビができやすくなってしまいます。

 

ではどうすればいいのかというと基本的にニキビ対策での洗顔回数は朝と夜の2回で十分だとされていて、洗顔よりも保湿をしっかり行っておくことが大切だとされています。

また洗顔をする時にはしっかり泡立ててニキビを刺激しないように優しく洗ってあげることも、一つのポイントとして重要になっています。

参考サイト アクポレス【スターターキット】の良い口コミ&悪い口コミ

 

コメントを残す