親子で円形脱毛症に…転職することでストレスからの解放に

shared-img-thumb-pak52_ashibayanohito20140315_tp_v

私の母もそうでした。私が子供の頃に母が円形脱毛症になった時はすごく嘆いたものです。母と一緒になって落ち込みました。

一部分だけ髪の毛が抜けるというのにかなりの戸惑いを感じたと思います。本人じゃない私でもショックだったのですから、母のショックは計り知れないものだったと思います。

そんな出来事から数年経ち、母の円形脱毛症を転職をしたことで無事に解決しました。禿げてしまった原因は母の精神的なストレスのせいなのです。これを改善するためには仕事を辞めるしか方法がありませんでした。それからまた数十年経ち、私は母と同じ症状に陥ったのです。まさしく過去に見たことがある母の円形脱毛症でした。遺伝もあるかもしれませんね。

それと同じ症状が私にも起こっていました。これに気づいた時はすごく泣きたくなりました。髪の毛がこんな風に無くなることがどれくらい恥ずかしくて、悲しいことなのかと自分の身に起きて分かりました。

薄毛の原因は母と同じくストレスです。私は職場の度重なる残業のストレスに耐え兼ねて円形脱毛症になったのでした。薄毛対策のために私が行ったのは母と同じく「転職」です。転職が一番の解決策なのかは分かりませんが、私は少しでも早く円形脱毛症を直したくて、転職をすることにしました。転職すると確実にストレスの原因がなくなるので、薄毛が回復します。

私はこうして円形脱毛症を改善できました。この症状を回復させるにはストレスの元を断つか、ストレスをうまく発散するしかないと思います。なんとか髪の毛が生えてきたときは泣いて喜びました。私の場合はこれで回復しましたが、もし同じような症状で治らないという人はミノキシジルなどの医薬品も医者にいって出してもらった方がいいと思います。

ただし、副作用もあるのでそのあたりの不安要素もしっかり把握したうえで病院で診てもらうことをおすすめします。とくに体毛が濃くなる多毛症という症状に悩まされて使用を断念する人も多いと聞きます。多毛症に詳しいサイトはこちら。それでも円形脱毛症を治したいと思える方だけ使用を検討するようにした方がいいのかなと思います。

コメントを残す