通常の化粧品と敏感肌化粧品の成分の違い?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

昨今、敏感肌で悩んでいる方向けの化粧品が増えてきていますが、通常の化粧品とこうした敏感肌化粧品にはどのような違いがあるのだろうと疑問に思う方もいるはずです。ファーストクラッシュ口コミ

実は単純に配合成分だけを比較すると、保湿や美白、抗酸化作用を持つ成分などが標準的に配合されている商品が多くなっており、実際にそれほど大きな違いがあるわけではありません。

しかし、本当に違いがないのであればわざわざ分ける必要はありませんので、詳細に確認していくと敏感肌化粧品の多くが肌への刺激が少ない成分で作られていることが分かるはずです。

例えば、石油系の合成界面活性剤やもちろん、合成香料や着色料、アルコール、鉱物油、パラベンといった添加物が、敏感肌化粧品に配合されていることはほぼありえません。

こうした添加物は肌への負担が大きく、使用し続けることでもダメージが蓄積されますので肌トラブルの元となるからです。

また配合成分に大きな違いがないと先述しましたが、同じ効果をもっていても敏感肌化粧品は植物由来の天然成分からできているものが多くなっていますし、通常の化粧品と比べると肌トラブル予防に保湿成分の含有量が多かったり、炎症肌荒れ対策として殺菌・抗炎症成分が配合されていることもあるのです。

一見すると違いがないように見えても、敏感肌化粧品と銘打って販売されている商品には、通常の化粧品と比べてこうした違いがあるのです。

また肌質による違いがありますので敏感肌化粧品だから絶対に安心というのではなく、実際に試してみて使う商品を選ぶようにしましょう。

コメントを残す