多汗症による手足の異常発汗を改善させる方法

ae948763271a1a4d40eea4cda6f0e593_s

手足の多汗症改善方法として、原因である自律神経の乱れを解消することが挙げられます。

手足の多汗症は自然に治ることはなく、原因として、精神的興奮や感情的刺激により自律神経が乱れるので、不安やストレスを感じたときや、緊張したりすることによって起こります。そのため、緊張やストレスをなるべく改善することが大切です。また、汗が多く出ることに対してのストレスも原因の一つとなるため、汗を気にしすぎないことも多汗症改善方法の一つとなります。

自律神経を整えるためには、シャワーではなくお風呂で10分以上湯船につかることや、適度な睡眠やウォーキングや水泳といった、適度な運動などをして、自律神経を整えることが大切です。

手足の多汗症改善方法として、治療も有効な方法です。

主な治療法としてまず挙げられるものは、塩化アルミニウム外用制汗剤を塗る方法です。塗ることで一時的に汗を抑える効果があります。寝る前に汗をかきやすい部分に塗って朝になったらよく洗い流します。

専用の機器を使うものもあります。水を入れた専用の機器に手のひらや脚を入れて、微弱な電流を与えることで、汗腺にダメージを与えて治療します。

次に、ボツリヌス菌注射は、汗が出やすい部分に、発汗を促す神経伝達物質の放出を阻害することで、汗を減らすことができます。また、神経遮断薬というものもあります。汗を出すための神経伝達物質による汗の量を減らすための薬となります。

最後に多汗症の手術によっても汗腺を取り除くこともできますが、その代わりに別なところで汗をかくようになるため注意が必要です。

コメントを残す