ニキビができにくい肌を作るのは洗顔がポイント?

美容 イメージ

ニキビでお悩みの方はとても多いです。

思春期にできるもの、そしてホルモンのバランスや外的要因、またストレスなどでできるオトナになってから出来るものと大きく分けて2つあります。

どちらにしても、洗顔というのはとても大事なポイントになります。

お肌に余分な皮脂が残っていたり、そこから汚れが毛穴につまってしまったりすることで、炎症をおこしてしまい赤いニキビができてしまうというのが思春期に起こりやすい症状です。ニキビを作る原因として、クレンジングが残ってしまっていたり、汚れが残ってしまっていたり、整髪料がついた髪の毛が当たってしまうということもあります。

洗顔をきちんとして、清潔なお肌の状態をキープすることが出来れば、ニキビもできにくくなります。

もちろん体質的なこともありますが、やはり皮脂が余分にあることでできてしまうという原因はどうしても避けられませんので、お肌のタイプに合った洗顔をおこなっていき、化粧品なども、タイプに合ったものを使い分けていくと良いでしょう。

まず、洗顔料はきちんと泡立てて、お肌に負担の無い形で泡で洗うという感覚で行いましょう。

手でごしごしとこすってしまいますと、お肌へもダメージが与えられてしまうことになります。

またきちんと泡を最後まで流すということも重要なポイントになってきます。これらのことに気を付けて、ニキビの洗顔を心がけていくようにしましょう。食べ物も脂っこいものを控えてみるというのもおすすめです。

コメントを残す