皮膚科による首イボ除去の流れ?

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

皮膚科による首イボの除去方法はいくつかあります。

素早く首イボを除去してもらいたい、という場合に有効なのが液体窒素を使った方法です。

皮膚科による治療の流れとしては、診察後に首イボを除去していきます。

治療に使われるのは、液体窒素というものです。これはマイナス196度という超低温ですので、それを塗ることによって細胞自体を死滅させてイボを取り除いていくという方法になります。

液体窒素を利用した治療方法を「凍結治療」と言います。イボに直接液体窒素を塗ることで細胞を凍らせて取り除きます。

 

一般的に行われるのが綿棒を使った方法です。綿棒に液体窒素をつけて、それをイボに押し当てることで取り除いていきます。この方法はピンポイントに塗ることができるため、治療範囲を狭くして的確に治療を行えます。

イボの数が多い時には、スプレーを使って塗っていきます。霧状に液体窒素を噴霧する方法ですので、広範囲にわたって治療を行えます。痛みも少ないのが特徴です。

液体窒素に浸したピンセットでつまむ方法もあります。綿棒では取り除きにくい小さないイボを取り除くことができ、肌へのダメージも小さく痛みも少なく治療を行えます。

 

その他の方法としては、レーザーを使って治療する方法や、内服薬を飲むことによって除去していくという方法もあります。

様々な方法がありますが、跡に残したくないなどの希望がある場合には皮膚科の医師としっかり相談して治療することが大切です。

皮膚科が恐い…ということであればクリアポロンのような首イボクリームがおすすめです!

まずは、クリアポロンの口コミや成分、特徴などをチェックしてみては!

参照:【写真付き】クリアポロンの口コミ・評判はお構いなし!とにかく1ヶ月間使ってみた!

 

 

コメントを残す